貧困にも孤立にも災害にも負けない、強い絆で支えあえる街にしたい。ひとは1人では生きられないし、本当は1人で抱え込む必要もない。誰もが誰かの助けを必要としているし、みんな誰かの支えになっている。つながりを強くすることができれば、まち全体が力強く支えあえる存在になる。

One Community。ひとつながりのふるさと。

世の中は厳しいし、上手くいかないことも山ほどある。だからこそ、自分の信じた道を、誰もが自分らしく進んでいけるような、挑戦できる街であってほしいし、それを見守れる街であってほしい。

松阪は深い歴史と文化をつないできた街だからこそ、いまを生きる僕たちが、すべての大切な人のために、さらに未来へとつなげていきたい。誰かが弱ってるときには、そばにいる人が強く支えてほしい。

あなたの大切なひとのために、“つながりまくる”まちへ。